埋没毛ができる原因と処理方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、肌に黒いぶつぶつができたように見えてしまい見栄えも悪いですよね。
この埋没毛になってしまう主な原因はムダ毛処理の誤りと言われています。
ムダ毛の処理を行う際、カミソリなどで剃っていきますよね。

その際に毛穴に傷が付くことにより、毛穴が塞がった状態になってしまいます。
毛穴が塞がることにより、中の毛が外に出てこれず肌の中に埋まってそれが埋没毛となってしまうのです。

このように毛が外に出てこれず肌の中で成長することにより、黒いぶつぶつのように見えてしまいますよね。

肌に負担がかかる処理を行うとバリア機能が働き、やがて角質化して皮膚を覆ってしまうのです。

角質化した皮膚は埋没毛の大きな原因になりますからね。

埋没毛を予防するには

では一体どのような処理方法で、この埋没毛を防ぐことができるのでしょうか。
そのポイントはムダ毛の自己処理方法にあります。
例えば、カミソリで剃っていく際に毛の生えている方向とは逆に剃っている方も多いかと思います。

確かにこのような逆剃りはとても剃りやすいのですが、肌を傷つけるリスクも伴います。

ですので、必ず毛の生えている方向に沿って順剃りを行うようにしましょう。

また、シェービングクリームや石鹸などを使わず乾いた肌で処理を行うことも埋没毛の大きな原因になります。

このように埋没毛を防ぐためには、肌を傷つけないようにするのが大きなポイントと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*