レーザー脱毛とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

●レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛とは、毛の毛周期が成長期にある段階の毛穴にレーザーを照射して、毛根を熱で破壊することによって、毛の再生を止める脱毛方法です。同じような脱毛方法として、エステサロンで行われる光脱毛(フラッシュ脱毛)がありますが、こちらはレーザー脱毛程の出力がなく、よって効果も劣ります。レーザー脱毛は「医療行為」とされるため、施術できるのは医療従事者のみです。

●レーザー脱毛のメリット

メリットとして、大きな脱毛効果が挙げられます。レーザー脱毛により一度破壊された毛根は、基本的に毛を再生することができないため、その部分は永久脱毛ということになります。また前述のようにレーザー脱毛は「医療行為」なので、お医者さんと看護師さんが施術をしてくれる、という点も安心感があります。医療機関では、エステのように高額なコースへの勧誘も行われることはありません。そもそもの料金自体も、針(ニードル)脱毛等に比べれば安価に施術してもらうことができます。

●レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛のデメリットは、毛周期が成長期にある段階の毛穴にしか効果を発揮しないため、毛周期に合わせて何度か照射に通う必要がある点です。大体のケースでは約2か月おきに、6回前後通うことによって、ようやく効果を実感することができます。また、レーザーはメラニン色素に反応するため、肌自体が黒い人や、色素沈着を起こしている部分には施術することができません。逆に、白髪などにも効果がほとんどない点がデメリットと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*