ニードル脱毛とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニードル脱毛は毛穴に電気が通る針を刺して脱毛します。

毛穴に針を流す脱毛なので皮膚の色に関係なくできる方法です。

大きな黒いほくろにある毛を脱毛できますし、夏に日焼けした肌の毛の処理も可能です。

数本単位から脱毛できます。

一部だけ毛が濃くなっている部分やデリケートゾーンを数本から脱毛できます。

病院で行うレーザー脱毛やエステサロンで受けられる光脱毛との違いはあるのでしょうか。

2つの方法はむだ毛の黒い色に反応して脱毛します。

強い光を当て黒い色に反応した光が熱エネルギーに変わり毛穴に届いて毛根を破壊します。

広い範囲を一気に脱毛できるメリットはありますが黒い色に反応するのでほくろや日焼け肌はNGです。

ニードル脱毛のデメリットは2つあり、まずは料金です。

1本ずつ脱毛するので時間が必要で料金も1本単位で価格が決まっています。

時間単位で決まっているサロンも1時間脱毛したとしても広い範囲の脱毛はできません。

ニードルでの脱毛は強い痛みがあります。

毛穴に針が刺さると痛く、電流を流すと痛く、抜く時も痛みがあります。

さらに担当者によって脱毛技術に差があります。

毛穴に針を刺すのが上手い人は痛みが弱く、下手な人に当たると痛みが強くなります。

メリット、デメリットはどの脱毛方法にもあることです。

狭い面積や黒い皮膚の上にある毛を処理したいならニードル脱毛が向いています。

レーザーや光脱毛で残ってしまった部分の処理にも毛穴に刺していくので確実に脱毛できます。

メリット、デメリットを考えた上でニードル脱毛を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*