脱毛サロンについての基礎知識

光(フラッシュ)脱毛とは

●光脱毛の特徴

光脱毛は、脱毛サロンで施術してもらうことができ、一度に広い範囲を脱毛できるという特徴があります。

●光脱毛のメリット

光脱毛はレーザー脱毛と比較すると出力が低いため、脱毛時に痛みを感じることはほとんどありません。また、脱毛にかかる料金も、どこのサロンに行ってもかなり安いというメリットがあります。また、施術時間も短いため、時間に余裕がなくて忙しいという人にもおすすめの脱毛法だと言えます。そして光脱毛に関しては、わざわざ脱毛サロンまで行かなくても家庭で使える家庭用の脱毛器も販売されているため、それを購入することで自宅にいながら脱毛サロンとそれほど変わりのない脱毛の効果を得ることもできます。

●光脱毛のデメリット

光脱毛は出力が低いという理由から痛みを伴うことはほとんどありませんが、その分脱毛の効果があらわれるまでの時間も長いということが言えます。また、ホクロやシミがあるところには照射することができないので、注意しなければなりません。そして日焼けがひどい場合も施術を行うことができないので、気をつける必要があります。また、レーザー脱毛と比べると、脱毛にかかる期間は約二倍ほどあるというデメリットもあります。そして脱毛の効果もレーザー脱毛よりは劣るため、脱毛が完了しても数年ほど経てばまた毛が生えてくるということもあります。光脱毛はニードル脱毛のように永久脱毛ではなく、色々な脱毛法の中でも一回の脱毛の効果は低いと言えるので、これはデメリットの中でも大きいと言えます。

レーザー脱毛とは

●レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛とは、毛の毛周期が成長期にある段階の毛穴にレーザーを照射して、毛根を熱で破壊することによって、毛の再生を止める脱毛方法です。同じような脱毛方法として、エステサロンで行われる光脱毛(フラッシュ脱毛)がありますが、こちらはレーザー脱毛程の出力がなく、よって効果も劣ります。レーザー脱毛は「医療行為」とされるため、施術できるのは医療従事者のみです。

●レーザー脱毛のメリット

メリットとして、大きな脱毛効果が挙げられます。レーザー脱毛により一度破壊された毛根は、基本的に毛を再生することができないため、その部分は永久脱毛ということになります。また前述のようにレーザー脱毛は「医療行為」なので、お医者さんと看護師さんが施術をしてくれる、という点も安心感があります。医療機関では、エステのように高額なコースへの勧誘も行われることはありません。そもそもの料金自体も、針(ニードル)脱毛等に比べれば安価に施術してもらうことができます。

●レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛のデメリットは、毛周期が成長期にある段階の毛穴にしか効果を発揮しないため、毛周期に合わせて何度か照射に通う必要がある点です。大体のケースでは約2か月おきに、6回前後通うことによって、ようやく効果を実感することができます。また、レーザーはメラニン色素に反応するため、肌自体が黒い人や、色素沈着を起こしている部分には施術することができません。逆に、白髪などにも効果がほとんどない点がデメリットと言えます。

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛は毛穴に電気が通る針を刺して脱毛します。

毛穴に針を流す脱毛なので皮膚の色に関係なくできる方法です。

大きな黒いほくろにある毛を脱毛できますし、夏に日焼けした肌の毛の処理も可能です。

数本単位から脱毛できます。

一部だけ毛が濃くなっている部分やデリケートゾーンを数本から脱毛できます。

病院で行うレーザー脱毛やエステサロンで受けられる光脱毛との違いはあるのでしょうか。

2つの方法はむだ毛の黒い色に反応して脱毛します。

強い光を当て黒い色に反応した光が熱エネルギーに変わり毛穴に届いて毛根を破壊します。

広い範囲を一気に脱毛できるメリットはありますが黒い色に反応するのでほくろや日焼け肌はNGです。

ニードル脱毛のデメリットは2つあり、まずは料金です。

1本ずつ脱毛するので時間が必要で料金も1本単位で価格が決まっています。

時間単位で決まっているサロンも1時間脱毛したとしても広い範囲の脱毛はできません。

ニードルでの脱毛は強い痛みがあります。

毛穴に針が刺さると痛く、電流を流すと痛く、抜く時も痛みがあります。

さらに担当者によって脱毛技術に差があります。

毛穴に針を刺すのが上手い人は痛みが弱く、下手な人に当たると痛みが強くなります。

メリット、デメリットはどの脱毛方法にもあることです。

狭い面積や黒い皮膚の上にある毛を処理したいならニードル脱毛が向いています。

レーザーや光脱毛で残ってしまった部分の処理にも毛穴に刺していくので確実に脱毛できます。

メリット、デメリットを考えた上でニードル脱毛を選んで下さい。

脱毛施術後に注意すること

レーザー脱毛は半永久的に無駄毛が生えなくなる、永久脱毛の効果があるとして人気です。

美容皮膚科など医療機関で受けられる脱毛法という事もあり、安全面でも優れています。

ですが、施術後に注意したいポイントがいくつかあり、守らないと肌トラブルを起こしてしまうケースがあるので注意しましょう。

まず、施術を受けた後は紫外線に気を付ける必要があります。

レーザーを照射した後の肌は、大変デリケートです。

いつもよりも刺激を受けやすい状態の肌に、市が言えんが当たってしまうと色素沈着やシミができやすくなります。

ですので、脱毛の施術後は日焼け止めなどで紫外線から、肌をガードしましょう。

この他に注意したいのが入浴です。

施術を受けた日はお風呂には入らず、シャワーで済ませましょう。

入浴すると体が温まり、血行が改善されます。

血液の流れが良くなると施術を行った部分が、痒みや炎症を引き起こしやすくなるのです。

入浴と同様、アルコールも血管を拡げ血流を促す為、施術を受けた日には避けましょう。

施術を受けた後は肌が乾燥しやすくなっているので、しっかり保湿を行います。

肌が乾燥している状態で脱毛を受けると、肌トラブルを招きやすいだけでなく、脱毛時に痛みを感じやすくなるのです。

しっかり肌が保湿されていれば、不必要な痛みを感じる事も無くなります。

ですので、施術後から次の施術を受けるまでの間、ボディクリームなどで保湿を行う事がおすすめです。